You are here:  / スキル(治療技術・知識)

スキル(治療技術・知識)

※画像をクリックすると説明文が表示されます。

治療家は、今までその特定の分野に対して『治療のスペシャリスト』としての専門性を発揮することが求められてきました。

しかし、最近の治療業界では、ある程度の
・医療情報を理解していること
・他の治療方法に精通していること
が患者のニーズとして求められることが増えています。

その典型が、『病院』で起こっています。

例えば、内科を例にすると、

・内科

・消化器内科

・循環器内科

・神経内科

・心療内科

など、内科の中でもその分野が細分化されています。

これは整形外科において同じで、

・足の専門

・膝の専門

とか言ってそこしかほとんど診ないという傾向があります。

それにあやかってなのか、マーケティング戦略としてなのか『治療院』も

・〇〇(病名)専門

・腰痛専門

などとうたっているところが乱立しております。

実際、専門医に診てもらっても

「ここでは問題は見つかりませんので他の科に行ってください!」

とたらいまわしにさせられるようなことがあるとよく聞きます。

それは、患者さんからすれば肉体的・精神的・経済的に負担を大きくするだけです。

そこから、最初に全体を診る

『総合診療科』

というのが増えつつあります。

自分の専門分野だけを診ていればいいという『スペシャリスト(Specialist)』ではなく

広範な知識・技術で、患者さんがまずどの方向に行けばいいかの道しるべを示す
『ジェネラリスト(Generalist)』
が求められている時代です。

これは必ず、一般の治療業界にも入ってくる流れでしょう!

これからの時代に求められる治療家像は、

来られた患者さんの状態を把握して、自分の対応範囲内かをしっかり見極めたうえで、その専門性を活かして治療をするという

『スペシャリスト』であり 『ジェネラリスト』である 治療家

ではないでしょうか?

今までの専門性に加え、広範な知識も持ち合わせるとなると、かなりの勉強・修練が必要なのは当然です。

しかし、真の治療家としてこれからの時代を生き抜いていくためには、これらの患者さんのニーズにもしっかり応えていける実力が必要となります。

そこで、ここでは治療に関する知識・技術についての情報を紹介していき、みなさまのお役に立てればと考えております。